メニュー 閉じる

第2回ウェビナーの開催について

「高速無線通信技術を活用したスマート農業導入のポイント」
「農業農村情報通信環境整備推進体制 準備会」ウェビナー(第2回)の開催について

◆イベント詳細
近年、無線通信技術を活用したスマート農業の推進について、全国各地で実証、実践が増えておりますが、無線には様々な規格があり、ニーズに応じたものを選定することが導入に当たっては重要です。
今回、当セミナーでは、ローカル5G及びBWAといった高速の無線通信技術を活用したスマート農業の実証取組事例や導入に必要なポイントについて、準備会メンバーより御紹介します。
これから地元において、遠隔操作型自動給排水栓の導入や、そのために必要な情報通信環境の整備を御検討の皆様におかれましては、是非ともご参加ください。

◆セミナープログラム
セミナータイトル:「高速無線通信技術を活用したスマート農業導入のポイント」
2022年3月10日(木) 13:30-15:30(予定)
参加費:無料
定員:200名
会場:zoom(お申し込み完了メールに受講用URLをお送りいたします。)

◆次第
「「高品位ブドウ生産に向けた、スマートグラスを活用した熟練農業者技術の『見える化』」
 日本電気株式会社 公共ソリューション事業部 プロダクト戦略グループ 平山 智章 氏
 セミナー資料(PDFファイル 6.4MB)

「地域/自営等BWAと農業ICT」
 地域BWA推進協議会 BWA推進部会 部会長 中村 光則 氏
 セミナー資料(PDFファイル 3.4MB)

「農村における情報通信環境整備について」
 農林水産省農村振興局整備部地域整備課
 セミナー資料(PDFファイル 4.8MB)

◆講師紹介
平山 智章(日本電気株式会社 公共ソリューション事業部 プロダクト戦略グループ)
入社以来、地方自治体に係るソリューションの企画・拡販に携わり、多数の市町村合併や自治体クラウドをICTの側面からコーディネイト。基幹業務からインフラまで、広範な現場経験が強み。現在は、行政DX及びクラウド・インフラ・セキュリティに係る事業戦略立案を担当しながら、国実証事業を中心とした各種リードプロジェクトの推進を担う。
令和2年度総務省実証事業「山梨地区ローカル5G実証」の全体リーダーを担当。

中村 光則(地域BWA推進協議会 BWA推進部会 部会長※)
地域BWAの制度検討が始まる2006年から地域無線分野に従事し、2008年の同協議会立上げから現在まで、普及促進や無線技術の高度化を主導。
2019年には農業分野等で扱いやすい「自営等BWA免許」の制度化にも関わった。
現在は、地域/自営等BWAに加えてローカル5Gにおいても制度整備等で総務省・情報通信審議会の委員会活動に携わる。
※)阪神電気鉄道株式会社 情報・通信統括部 課長

◆参加お申し込み方法
→ 終了済み

◆注意・伝達事項
当日は途中参加、途中退室が可能です。
① マイクは常時ミュートでお願いいたします。カメラのON、OFFはご自由に選んでいただいて問題ありません。
② 一切の撮影、録音、録画はご遠慮いただきます。
※ 今後に向けたウェビナー内容の改善の為に、主催者側で録画をさせていただくことをご了承いただければと思います。参加者の皆様のユーザー名やプロフィール画像などは一切公開いたしません。
③ 主催者側の通信回線不具合の場合、終了予定時間が延長する場合がございます。
また、当日回線状態の改善が難しいと判断した場合延期とし後日日程を設定し改めてご案内させていただきますが、参加者の皆様の回線不具合による一時停止や再度の開催は致しかねます。
上記にご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。